すろもーしょん!

日々のパチスロ・パチンコにまつわるニュースをまとめます。

タグ:パチンコ

1: 名無すろもーしょん 2019/03/12(火) 12:59:05.96 ID:4XHI+5Yo9
 政府の「ギャンブル依存症対策推進基本計画(案)」にパチンコ店内にある銀行ATMの撤去方針が明記されたことで、賭博施設内のATMが依存症を助長するかどうかという議論に“決着”がつきました。もうけ優先で、ながく手をこまねいていた政府、業界、銀行の責任があらためて問われています。

 「急増、深みにはめる気 パチンコ店にATM」という大きな見出しが本紙社会面におどったのは2009年11月12日でした。

 トラストネットワークス社が07年10月に10店舗で試行したパチンコ店内ATMは、すでにこの時点で130店舗にまで広がっていました。親会社のインターネットイニシアティブ社は「今後4、5年で全国のパチンコ店8000店舗まで広げる」という事業計画を公表していました。

 本紙は、この事業がギャンブル依存症拡大の元凶になると批判し、これを許した警察庁、財務省、銀行業界、パチンコ業界の責任を徹底追及しました。

 その結果、トラスト社と提携して銀行ネットワークを提供していた第二地銀の東和銀行がいったんは事業からの撤退を表明し、事業の拡大がストップする状況になりました。

 しかし、トラスト社はその後、ATMの利用条件に1カ月間の引き出し額の限度を設けることでパチンコ業界の了承を取り付け、再びパチンコATM設置が拡大してきた経緯があります。

 日本共産党の大門実紀史議員は15年4月の参院地方・消費者特別委員会で「警察庁、金融庁が放置してきたからここまでATMが拡大した」と追及しました。これに対し、警察庁は「業界団体に助言していく」、金融庁は「業務運営について健全かつ適切な判断をすべきだ」と答え、業界まかせの態度をとりました。

 日本共産党の田村智子議員が18年7月の参院内閣委員会でパチンコATMの撤去を求めたさいにも、金融庁は「金融機関による取り組みをモニタリングしていく」という対応でした。

 国内のギャンブル依存症が疑われる人は320万人と推計されています。これは、多くの賭博が公然と行われていることが生み出した深刻な社会問題です。政府は従来の無責任な対応への深い反省にたって、本格的な対策を構築すべきです。

 パチンコ店内ATM パチンコ店内に設置されている銀行の現金自動預払機。大手IT企業インターネットイニシアティブの子会社「トラストネットワークス」(東京都千代田区)が、第二地銀の東和銀行(本店・群馬県前橋市)と提携して展開しており、全国のパチンコ店の1割にあたる1100店舗に広がっています。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16145975/
続きを読む

1: 名無すろもーしょん 2019/03/11(月) 19:24:38.18 ID:YH2jegCV9
マイボイスコムの調査によると、パチンコやパチスロの経験者が大きく減り、パチンコ未経験者の割合が5割近くに、パチスロ未経験者が7割超となっていることが分かった。

■パチンコをしている人は7.7%

8日、ネットリサーチサービスなどを提供するマイボイスコムが「パチンコに関するアンケート調査」の結果を発表した。これは、10代から70代の男女1万436人を対象にインターネット調査をしたもので、2016年2月についで6回目。「パチンコをしたことがありますか」の問いに対して、「現在している」は7.7%、「過去にしたことがある(現在はしていない)」は47.4%、「したことはない」は46.7%だった。

■「パチンコをしたことはない」が3割から半分近くに増加

2008年の第1回調査では、「現在している」と答えた人の割合は11.9%で、2010年の第2回こそ11.9%と横ばいだったものの、以下は回を重ねるごとに割合が減少し、2014年の第4回には9.3%と1割を割り込み、2016年の第5回には8.6%となっていた。

また、「過去にしたことがある(現在はしていない)」は第1回の57.2%が最も多く、以下回を重ねるごとに減少。反対に「したことはない」と答えた人の割合は第1回の31.0%から割合を増やし、第5回で44.0%と初めて4割を超えていた。

■「パチスロをしたことはない」は7割超

同様にパチスロの経験を尋ねたところ、「現在もしている」は5.1%、「過去にしたことがある(現在はしていない)」は24.1%、「したことはない」は70.8%だった。2010年の第2回調査では、「現在もしている」は6.3%、「過去にしたことがある(現在はしていない)」は27.4%、「したことはない」は66.3%で、パチンコほどではないものの経験者が減っている。

■使用金額は増加傾向

パチンコ店の利用頻度は「週に1~2回程度」「月に1~2回程度」がそれぞれ3割強。また「週1~2回以上」利用する人はは5割弱。1回の利用金額では1万円以下が7割弱であるものの、「過去調査と比べ増加傾向」にあるという。

■「気分転換」の利用が半数以上

パチンコやパチスロをする理由(複数回答)で最も多かったのは「気分転換」で52.4%。以下、「暇つぶし」が39.3%、「ストレス解消」が37.2%、「遊び・レジャーなど楽しみの1つとして」が26.4%、「手軽に楽しめる」が24.8%とレジャー感覚の回答を選んだ人が多めだった。その後に「賭け事として面白い」が22.8%、「遊び・ゲームとして面白い」が19.8%、「実益を得る」が18.2%となっている。

要望として寄せられた回答には、「1時間500円で打ちっぱなしなどができるような店舗あれば行ってみたい」「健康パチンコ。純粋なゲームに徹して、換金不可で禁煙」「健康に配慮している店舗 ex風呂が併設されている等」「女子だけの店やタバコ禁止になれば行くかもしれません」など声があった。

2019年3月11日 11:29
財経新聞
https://www.zaikei.co.jp/article/20190311/499144.html
no title
続きを読む

1: 名無すろもーしょん 2019/03/07(木) 10:02:08.27 ID:VA9aFev40
研修後の面談でその後の採用の可否を決めるんやが、会社側が「是非来てください」とか言われたから断れず、一緒に面談にきてたハロワの職員に「後日お返事します」って言って逃げてきた



2: 名無すろもーしょん 2019/03/07(木) 10:02:51.77 ID:InkOBGFl0
どんな風にキツかったん

9: 名無すろもーしょん 2019/03/07(木) 10:04:23.82 ID:VA9aFev40
>>2 
主に肉体労働や 
あと過度なまでの障害者扱い

続きを読む

1: 名無すろもーしょん 2019/03/07(木) 10:08:44.69 ID:EdSc3SYM0 BE:468394346-PLT(15000)
昨年、パチンコホールを大いに盛り上げた「1発台」。その中でも特に
注目を集めたのが、名物メーカー・?A-gonからリリースされた『CR RAIZINMAN』だろう。

 3段クルーンに連チャン性能を兼ね備え、かつてない爆発力を発揮した本機。
獲得出玉「10万発オーバー」という信じがたい情報も上がるなど、一躍話題のマシンとなった。

 そんな中、同社は『RAIZINMAN』最新作を発表。「怪物マシン」がより
遊びやすくなって帰ってくる。

https://biz-journal.jp/gj/2019/03/post_9737.html
続きを読む

1: 名無すろもーしょん 2019/03/06(水) 13:05:46.60 ID:k/2Uzw2Y9
歌手のさくらまや(20)が5日、TBS系で放送された「有田哲平の夢なら醒めないで」で、パチンコにはまった過去を明かし、パチンコ番組出演を熱望した。

番組では「平成元人気子役の嘆きSP」として、子役として活躍したタレントをゲストに迎えて子役時代の苦労や闇を語ったが、演歌歌手として幼い頃から活躍したさくらも、プロフィール欄に書かれた「夢は紅白」も「事務所の方針です。本当は紅白どうでもいい」と爆弾発言を繰り広げた。

オリエンタルラジオの藤森慎吾が、楽屋でさくらが「二日酔い」などと語っていたことを暴露するとスタジオも驚きの声。
更には「すっごくイメージが違うと思います」と、周囲が思うさくらのイメージと本来の姿はかけはなれているとも明かし「昔はパチンコにはまった」とも語り、スタジオは絶叫。

大島美幸が「まだ20歳だよね?」と確認すると「パチンコは18歳以上でできる」と説明(本来は18歳未満の店舗立ち入りは禁止、18歳の高校生も禁止)。
「パチンコ番組をやりたいって言ったら、イメージがあれだから、20歳になるまで待ってと言われた」と、事務所から待ったをかけられていると説明した。

有田からは「何の台をやってたの?」ときかれたさくらは「何でもやりますよ、海とか」と、「スーパー海物語」という台を「海」という通ぶりも発揮。
これには大島も「海物語を海って言う…。椿鬼奴と一緒です」と驚いていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000055-dal-ent

さくらまや

続きを読む

↑このページのトップヘ